やんちゃ体験もいい思い出に!メリハリをつけた叱り方で信頼関係を!

スポンサーリンク
16歳

息子が高校生の時、息子は男子クラスで3年間同じクラスでした。

男子ばかりで高校生ということもあり、男子特有のノリがあり、友達たちとはっちゃけていました。

例えば、修学旅行で冷蔵庫にアイスが人数分入っていて、廊下でそのアイスを大量に見つけこっそり部屋に持っていき、それがバレて怒られたり、昼休みに校内で水風船で遊んでビチャビチャにしたり、授業中騒いだりとやんちゃばかりして怒られていました。

反省文は高校生3年間で4枚くらい書いていると思います。息子の代は問題児ばっかの代だったらしく、息子の学校は大半の子が就職するので、息子の進路がとても不安でした。このままでちゃんと就職できるのかと。しかし、ちゃんと就職が決まり、今では熱心に働いています。

高校卒業してからも、息子の友達が家に泊まりに来ますが、今でも高校の頃は悪さばっかりしてたけど、とても楽しかったとニコニコしながら話しています。

人に迷惑をかけたりすることは良いことではありませんが、大人になったら子供の頃のようにははしゃげないので、はしゃげるうちに沢山の思い出を作って、あの頃は楽しかったねと友達と話せるような過去を作らすのも大切だと思います。

悪いことは悪いと叱るべきだけど、のびのびはしゃがすのも大事だなと思います。